コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru 静岡店

本日は休業日です

Menicon Miru 静岡店

0120-103895

〒420-0031 静岡市葵区呉服町2-7-8
TEL.054-253-3778

本日は営業日です

明日は営業日です明日は休業日です

CAMPAIGN

  • タンブラープレゼント
  • タンブラープレゼント
SHOP INFOMATION
2018.11.05 ショップインフォメーション

◆コンタクトレンズ初割りキャンペーン中◆

Hazukiルーペ 各種豊富に取り扱い

TVCMで話題。新色:各種類(倍率/大きさ/色)豊富に取り扱い中!!

店舗情報INFOMATION

  • コンタクト受付時間
    コンタクト受付時間
    [平日・土曜][日曜・祝日]
    10:00 ~ 12:30
    - -
    [平日・土曜]
    14:00 ~ 18:00
    [日曜・祝日]
    14:00 ~ 16:30
    - -
  • 営業時間
    平日・土曜
    10:00~18:30
    日曜・祝日
    10:00~17:00
  • 定休日
    火曜・水曜(祝日の場合も休日)
  • ご来店に際して
    コンタクト受付時間外は、ケア用品の販売及びコンタクトレンズに関する相談のみとなります。
    Menicon Miru 静岡店が初めての方は受付終了時間の30分前までに、また、コンタクトレンズが初めての方は受付終了時間の1時間前までにお越しください。
    ご来店の際には、健康保険証をお持ちください。
    店舗によってお取扱がない商品もございます。詳しくは各店舗にお問合わせください。
  • アクセス情報
    交通機関ご利用のお客様
    ●JR静岡駅から徒歩8分。
    呉服町スクランブル交差点1階
    交通機関ご利用のお客様
    ●駐車場のご案内はこちら
    ●稲森パーキング(本社、7号、8号、9号、追手町)、しまのパーキング、パーク三吉野をご利用の上、駐車券をお持ちください。
    メニコン静岡ご利用の方には、サービス券(1時間分)を進呈。

Menicon Miru 静岡店は
こんなお店です

静岡市内でコンタクトレンズをお探しなら、呉服町スクランブル交差点近く1階のMenicon Miru 静岡店で!
涙レンズ「Magic」から遠近両用コンタクト、カラーレンズやハードレンズも種類豊富に扱っております。

ブログ一覧

視力検査の疑問にお答え ~赤と緑どっちが見やすいですか?~

2018.11.16

こんにちは。
いつも弊店のブログをご覧頂きありがとうございます。

今日はどんなテーマで・・・と考えたのですが、
最近お客様の質問の中で「赤と緑の検査ってあれ何ですか?」、「あれはどっちで答えるの正解なんですか?」
ということがありました。
正解・不正解というのはないです。
ということでそれにお答えします。

赤緑のテストは3つのポイントがあります。
①色の波長には幅があること
②複数の波長を同時にピントは合わせられないこと
③実は黄色の波長に反応していること

極力分かり易く説明できるように頑張りますので、気になる方は続きを・・・

①色の波長には幅があること
人は400nm(ナノメートル)から800nmの波長の光を見る事が出来ます。
605px-Linear_visible_spectrum_svg.png



だいたい紫(400nm)から濃い赤(800nm)くらいまででしょうか。
ちなみにナノメートルは10億分の1メートルです。
波長とはすごーく簡単に言うと長さです。

つまり下の図のように赤色は奥で光を結んで、
青色は手前に結んでいます。
これは色によって決まっています。
500px-Chromatic_aberration_convex_svg.png








②複数の波長を同時にピントは合わせられない
よって色によって光が結ぶ位置は決まっています
青色をはっきり見よう!すると赤色は見づらくなります。
緑をぴったり合わせると赤と青は見づらくなります。
これを色収差といいます。(ナノメートルという世界なので本当に微々たる差なんですけどね)
カメラだと特殊なレンズや複数枚レンズを使って補正をします。
ただ人は角膜と水晶体しかありません。
では人は何色に合わせて見え方を調節しているのでしょうか?

③実は黄色の波長に反応している
人は黄色が網膜上に来るように調整します。
網膜上に黄色が来た時に、網膜を挟んで手前と奥に均等な距離に来る色が、
緑(手前)と赤(奥)です。
つまり赤と緑が均等に見える状態がいいです
(黄色で検査すると黄色はどのくらいの濃さですか?のような形式になり、複雑になります・・・)
少なくとも緑色が濃い場合は、度数が強い可能性が高いので、
乱視を調整してみたり、少し落とした度数で慣れて頂くことになります。
ご自身の見え方が問題なく、赤と緑が同じくらい、または赤色が良く見えるのであれば、OKという考え方です。

つまり・・・絶対に正直に答えてください!!
正解や不正解という考え方ではありません。
人の性質を利用した確認方法がこの検査になるというのが答えになります。