コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru JRゲートタワー店 遠近両用レンズとは?

遠近両用レンズとは?

2023.01.20

いつもMenicon Miru(メニコン ミル) JRゲートタワー店のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。


最近、「手元が見えずらいな...」「年齢的にも老眼が気になる...」といった感覚、

身に覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなタイミングの時、いわゆる『遠近両用』といったコンタクトレンズや眼鏡の存在を

考えることも多いかと思います。

今回はそんな『遠近両用コンタクトレンズ』についてご紹介させていただきます😊


そもそも『遠近両用』とは...?🤔

私たちの眼は、年齢を重ねるたびにピント調節能力が衰えていき、

40代くらいになるといわゆる『老眼』の症状が出始め、近くのものが徐々に見づらくなってきます。

・近くのものが見えにくくなってきた人

・近くのものを見るときに老眼鏡を出すのが面倒と感じる人

こういった方にオススメのレンズとなっております。

レンズ上部には近くを見るための度数、下部には遠くを見るための度数が配置されています。

(※レンズによって度数の配置が異なる場合がございます)



また、見える仕組みによって『交代視型』『同時視型』の2種類に分けられるのも特徴です。

交代視型:視線を切り替えることにより見たいものを見るのに必要な度数を使うタイプ。ハードレンズに多い。

同時視型:どの距離のものを見ているときも脳が無意識に見たいものにピントを合わせるタイプ。ソフトレンズに多い。

初めて遠近両用を使われる方は、切り替えがしやすいソフトレンズをご案内することが多いです😊

また、人によってレンズとの相性があったり、レンズが馴染むまで時間がかかったりすることが多い為、
早い段階から遠近両用を検討いただくことも併せてオススメしております。
気になる方はぜひご来店お待ちしております!(^^)/

名古屋駅名駅

コンタクトレンズ眼科をお探しなら

Menicon Miru(メニコン ミル)JRゲートタワー店へ!!

名駅直結でアクセス抜群!

土日・祝日も営業しています!

コンタクトレンズが初めての方もお気軽にご相談ください