コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru JRゲートタワー店 視力検査の気球の絵は何を見ているの?

視力検査の気球の絵は何を見ているの?

2021.09.19

いつもMenicon Miru(メニコン ミル) JRゲートタワー店のホームページを
ご覧いただきまして、ありがとうございます。


突然ですが、下の気球の画像見たことありますか?
例のあの気球
わかった方も多いはず!!
正解は視力検査のときに眼科でよく見る気球です✨

上の図のように、椅子に座った状態で
あごを乗せて中の気球の映像を覗くと計測できます。
この機械を「オートレフラクトメーター」といいます。



< オートレフラクトメーターでわかること >
眼の屈折力を確認しています!
眼に赤外光線を当てることによって、
瞳孔から差し込んだ光が網膜に到達し反射します。
反射した光で屈折力を計測できます。

この機械で近視や遠視の度数、乱視の具合などを調べ
そのデータを元にメガネやコンタクトレンズの度数が決まります。
Cのマーク(ランドルト環)を使った自覚的な視力検査とは異なり
他覚的な検査となります。



< 気球を見る意味 >
中心を見てもらうための目印で気球が使われています!
焦点が合わない状態だと計測が困難になるため
一点を見ることに集中してもらえるようになっています。

気球を覗いているとたまにぼやけてしまうことがあると思います。
ぼやけてしまうと不安になる方もいらっしゃると思いますが
これはわざとぼやけて見えるようにしています。

人間の眼は水晶体という眼の中にあるレンズを使って見方を変えています。
水晶体が遠くを見るときに薄くなり、近くを見るときに厚くなることで
調節機能が働いています。
オートレフラクトメーターで計測中にこの調節をしてしまうと
正確なデータが得られなくなってしまいます。
そのため調節をさせないように、
あえてぼやけさせてリラックスした状態にしています。



気球の謎は解けましたか??
皆さんのメガネやコンタクトレンズの度数を決めるのに
役立つとっても大事な機械なんですね!
視力検査をするときにぜひ参考にしてみてくださいね🌟



名駅でコンタクトレンズをお探しでしたら当店にご相談下さい!
土日祝日受診可能な眼科も併設しております🌼
皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。


名古屋駅名駅

コンタクトレンズ眼科をお探しなら

Menicon Miru(メニコン ミル)JRゲートタワー店へ!!

名駅直結でアクセス抜群!

土日・祝日も営業しています!

コンタクトレンズが初めての方もお気軽にご相談ください