コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru 亀有店 コンタクトで疲れる...対策・解決方法とは?

コンタクトで疲れる...対策・解決方法とは?

2022.11.24

皆さまこんにちは!
亀有駅から徒歩1分のコンタクトレンズショップ MeniconMiru亀有店です(*'ω'*)

今月は≪ 目の疲れ コンタクトレンズの過矯正 ≫というテーマで解説しています!
今回は第3回目!
44_melsuke.png
この記事だけ読んでも分かるようにご説明しますが、
今までの内容を見ていただくとより理解が深まるので是非ご覧ください!

  参考  1回目
 ▶▷眼科の赤と緑の検査の意味って?
 2回目
 ▶▷眼科でよく聞く「過矯正」って・・・?


コンタクトで疲れる原因は様々ですが、
今回は3つの解決方法についてご説明いたします。

■解決方法・対策





度数があっていないコンタクト(過矯正)を適正な度数に変える

パソコンで目が疲れた人のイラスト(女性)

ずっと同じ度数だから...と眼科検査をサボってませんか?
女性はイメージしやすいかもしれませんが
お肌のコンディションや体調に合わせて、スキンケアを変えたりしますよね?
目の状態も変わる方が多いので、
コンタクトも適切に使えているか検討し続けることが大切。


 度数が強すぎると、近くを見る際に必要以上に目を酷使します。
 度数を落とすだけでも、改善の見込みがあります。ですが、自己判断は禁物✘
 見え方のバランスやどれくらい度数を落とすのか等、
 眼科の検査員と相談して適切なコンタクトを調べてもらいましょう!







疲れ目対策のレンズを使う


定期的に眼科検査をしているのに疲れが気になる...という方も。
そんな方は疲れ目対策として、
遠近両用コンタクトレンズを検討してみてはいかがでしょう?

現代社会では、パソコン・スマホの使用等で世代を問わず目を酷使する時代ですよね。
コロナ禍でリモートワークが増えたという方も多いです...。

さらに!目に負担がかかる要因があるのはご存じですか?
実は・・・・・・
目の調節力(近くを見る力)は10歳がピークなんて言われているんですΣ(・ω・ノ)ノ!


遠近両用タイプのコンタクトレンズは以下のように、
近く・中間距離を見るためのゾーンを設けてあるので、
パソコン作業や書類を見る際にサポートしてくれる
んです。



職業によっては30代前半から、それ以外の方でも生活環境次第で35歳あたりから
遠近両用タイプのコンタクトレンズを処方する方が増えてきています!

  もっと知りたい!  
 メニコンでは、
 遠近両用コンタクトシリーズ―Lactive(ラクティブ)―もおすすめしております★
 Lactiveとは、「生き生きともっと活動的にあなたらしい人生を送ってほしい!」
 そんな願いを込めた「Live」と「Active」に由来する造語です





疲れてしまった目をいたわるケア方法を採り入れる


眼の疲れを抑えるには、正しい環境面と対処法を知っておくといいと思います◎

≪環境≫ 特にパソコンを使う方は、次のポイントを押さえましょう!


距離 :パソコンとのほどよい距離。50~70cmくらいが目安です!
明るさ:照明は明るすぎず、暗すぎずが基本。
    モニター用フィルターで光量を調節することも有効ですよ♪


 どんなに最適な環境でも、
 長時間同じ姿勢でいるのは体全体の負担がかかります。

 1時間につき10分程度、パソコンから離れてリフレッシュを意識しましょう♪



≪対処法≫
目の周りをあたためる

あたたかいタオルを用意して、まぶたに乗せるだけでも効果が期待できます😊
温めることで血行がよくなり、毛様体筋の緊張状態を緩和してくれます...♡

あたたかいタオルを用意するのが億劫...という方には
当店で取り扱いしているアイマスクなんていかがでしょうか?
IMG_0632.JPG
トルマリン温熱アイマスク(税込1078円)
 繰り返し使用できてコスパもよく、カバーが洗えるので好評をいただいております♡


  すき間時間でできる方法  頬のマッサージのイラスト(男性)
 ツボ押しマッサージ

  目の周りの骨を指で押え、気持ちいいと感じたところがツボ。
  眼球を避けて少し強めに押してみてください。
  こめかみや首筋を揉むのも効果的。

 眼球体操 
  両目を見開いて、上下左右に大きく回します。
  右回りと左回りと数回ずつ行い、目を閉じて少し休みます。



お客様のご利用状況によって、対策や解決方法は異なってきます。
ご自身だけで判断が難しい場合、お気軽にご相談ください!
皆さまのご来店お待ちしております(*^^*)

次回は「コンタクトレンズの種類」についてご説明いたします!お楽しみに!