コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru 福岡天神店 コンタクトレンズの冬の備え

コンタクトレンズの冬の備え

2022.12.14

こんにちは。
福岡天神北のコンタクトレンズショップ
MeniconMiru福岡天神店です。

最近ずいぶん寒くなってきましたが、皆さんはコンタクトレンズの調子はいかがでしょうか?
寒くなると皆さん調子が悪くなる方が増えるので、今回は冬のコンタクトレンズ使用についてです。

・冬によく聞く症状
・対策

冬によく聞く症状


コンタクトレンズと寒さはあまり関係がないと思っている方が正直多いです。
しかし外気温が低いと予想以上にコンタクトレンズや目に影響を与えます。

①脂質汚れ
目にはマイボーム腺といって乾燥を防ぐために脂質を出す機能があります。
脂質なのでもちろん冷えると曇ります。毎年寒くなると急にレンズの曇りをおっしゃる方が増えます。

②アレルギー
冬はスギ花粉が増えてきます。11月から4月にかけてスギ花粉の影響があり、2月がピークになります。
アレルギーもやはり曇りやすくなるため、寒くなるにつれ来店者が増えてきます。

③乾燥感
これはいうまでもありませんね。
外気が乾燥するので不快感をおっしゃる方が多くいます。
また、デスクワークの方でエアコンの風が当たる場所にいるかたなどは特に乾燥するかと思います。

対策

症状によって対策が変わってきます。
それを言ってはおしまいだよ!
と言われるかもしれませんが、最寄りの眼科で相談することをまず第一にオススメします。

①目薬で乾燥を和らげる。
乾燥にはもちろん目薬が手っ取り早いです。しかし上記のとおり、症状によって選ぶ目薬も変わってきます。
眼科で処方をもらう必要のある目薬がいいのか、市販でいいのか。
市販で検討される場合でも、店舗の登録販売者へアドバイスをもらいながら購入しましょう。
コンタクトレンズを着けたまま使用できるかどうかも重要です。

②目元を温める。
脂質汚れの話がでましたが、単純に温める方法も有効です。
目には脂質を分泌する器官がありますが、寒さで詰まることがあります。
夜などにしっかりと温めることで正しく機能させることも大切です。

③乾燥に強いレンズを使用する。
レンズも様々な素材がありますが、乾燥に比較的強い素材もあります。
よく言われているのが、「シリコーンハイドロゲル素材」の商品です。

購入の時にそのレンズの特徴を確認して購入しましょう。



季節が変わると、お客様の不調の声が多く届きます。
実は「お客様自身の目が変わったのではなく、季節が変わったので最近と目の状態が変わっただけ」
というケースも少なくありません。

寒くなってから見え方着け心地に違和感がある方は是非一度ご相談下さい。

clover_bug.png

福岡天神でコンタクトレンズをお探しなら
天神北・Menicon Miru福岡天神店へ
http://www.menicon-shop.jp/fukuoka/

〇初めてご来店頂くお客様
【来店予約サービス】がご利用いただけます。
clover_bug.png

周りの方にもこちらのページを是非お勧めください♫

0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png0208000027.png