コンタクトレンズのメニコンショップナビ Menicon Miru 千種店 眼科医からコンタクトレンズのご利用にあたり

Menicon Miru 千種店

NOTICE OF USE眼科医からコンタクトレンズのご利用にあたり

院長写真

Menicon Miru 千種店でコンタクトレンズのご購入を
お考えのお客様へ、ご利用の注意点などをお教えします。

ちくさ駅前眼科
院長:大曽根 大典

眼科医からコンタクトレンズのご利用について
近年コンタクトレンズ装用人口の増加に伴いコンタクトレンズによる眼障害も増加しています。
日本のコンタクトレンズ使用者は1800万人を超えると推定されており、またコンタクトレンズ装用者の眼障害発生頻度は7~10%と予想されています。
コンタクトレンズのインターネット販売の普及、コンタクトレンズのケアの簡便化の影響もあり、眼科医による定期検査を怠るコンタクトレンズ使用者の増加、美容のみが目的のカラーコンタクトレンズの増加が眼障害発生に拍車をかけていると考えられます。
また、コンタクトレンズ装用時に不調があっても眼鏡を作成していないがためにコンタクトレンズを使用し続け眼障害を悪化させてしまうケースもよく見られます。
コンタクトレンズ使用をされる方は眼科を受診し適切な診察、処方を受けて使用しましょう。また、定期的に眼底検査などの検査も受けて目の健康を保つことができるよう心がけましょう。

販売管理者からコンタクトレンズのご利用について

前のページへ戻る