もしかして遠視かも?

みなさんこんにちは。メニコン吉祥寺です。

暑い日が続いていますが、みなさんお元気ですか?吉祥寺のスタッフはみんな暑さに負けず元気です! :-P

 

 さて今日は遠視とコンタクトについてお話しいたします。       

 

目は、角膜などのレンズを通して、網膜に写すことで、外からの情報を得ています。

この見え方を映写機とスクリーンに例えてお話ししてみますね。

 

まずは視力が良い人の目を正視といいます。

正視とは映写機からの映像が、スクリーン(網膜)にぴったりピントが合っている状態、キレイによく見える状態と同じといえます。

 

          ←メニコンシアター(メニコンフィット絶賛発売中)

 

次に一般的に「目が悪い・視力が悪い」と言われるので多いのが近視いわゆる近眼です。

これは外からの映像がスクリーンより手前にあるため、スクリーンまで映像が届いていない状態、ピンボケの状態と同じです。

 

そして遠視ですが、こちらは近視とは逆に外からの映像がスクリーンより奥に、

スクリーンを通り越したところでピントが合っている状態のことを言います。

こちらも同じようにピントが合っていませんが、遠視の方で遠方の視力が良い方が多いのはなぜでしょうか

 

目の構造をもう少し詳しくお話ししますと、目は外からの情報を「角膜(黒目)」と「水晶体」という二つのレンズを通して「網膜」に写しています。

そのピントが網膜上に合えば正視、網膜より手前に合えば近視・奥に合えば遠視です。

 

この眼内にある「水晶体」というレンズは厚みを変えることができるレンズで、この厚みを変えることでピントの合い具合を調整することが出来ます。

遠くをぼんやりと見ている時にはその効果はありませんが、主に近くを見る時に水晶体の厚みを変える(厚くする)事で近くにピントを合わせています(虫眼鏡のような効果ですね)

その際、ピントを遠くに持っていく(近視を軽くする)ことは出来ず、ピントを近くに合わせる(遠視の人がピントを手前に持ってくる)ことができるという特徴があります。

それを調節といいます。

 

 目の断面図

 

つまり近視の方がこの調節機能を使っても遠くのものを見る時にピントを合わせることはできません。

しかし遠視の方はこの調節をすることによって、網膜より奥にあっているピントを網膜上に合わせることができてしまうのです。

しかしそれは本来の正視とは違い水晶体の厚みを変える(ふくらます)ことで得られた見え方ですので、

ずっと力を使っている、ずっと目を緊張させて見ている状態となります。

それは遠くを見る時よりも近くを見る時に強く作用しますので、

近くをみる作業(読書やパソコンなど)を長く続けると疲れやすいなどの問題が生じます。

 

この調節という機能があるために軽度の遠視の方ですと、遠くの見え方には困らなかったり、

良好な視力が得られている方が多く、ご自身が遠視であることに気づかない方もいらっしゃいます。

(※遠視や乱視の度合いによって違います)

また遠視の程度によっては調節しても近くにピントが合わない為、近くのものが見づらくなります。

 

このようにご自身では気づかない事もありますので、

遠くの視力は良いのに近くを見ていると見づらい、疲れやすい、肩がこる・

などの症状があるかたは一度詳しい視力検査を受けてみてはいかがですか?

(※眼精疲労や老視などの可能性もありますのでまずは眼科等にてご相談ください)

  どこまで見えるかな?

 

 

もちろんメニコン吉祥寺には遠視を矯正できるコンタクトレンズも数多く取り揃えております。

メニコンのコンタクトレンズで遠くも近くも快適にご覧いただけるように、サポートさせて頂きますので、

遠視でお困りの方は是非、一度メニコン吉祥寺までご相談下さい。

 

 

 

 

 

タグ:最新情報 目について

もしかして遠視かも?

みなさんこんにちは。メニコン吉祥寺です。

暑い日が続いていますが、みなさんお元気ですか?吉祥寺のスタッフはみんな暑さに負けず元気です! :-P

 

 さて今日は遠視とコンタクトについてお話しいたします。       

 

目は、角膜などのレンズを通して、網膜に写すことで、外からの情報を得ています。

この見え方を映写機とスクリーンに例えてお話ししてみますね。

 

まずは視力が良い人の目を正視といいます。

正視とは映写機からの映像が、スクリーン(網膜)にぴったりピントが合っている状態、キレイによく見える状態と同じといえます。

 

          ←メニコンシアター(メニコンフィット絶賛発売中)

 

次に一般的に「目が悪い・視力が悪い」と言われるので多いのが近視いわゆる近眼です。

これは外からの映像がスクリーンより手前にあるため、スクリーンまで映像が届いていない状態、ピンボケの状態と同じです。

 

そして遠視ですが、こちらは近視とは逆に外からの映像がスクリーンより奥に、

スクリーンを通り越したところでピントが合っている状態のことを言います。

こちらも同じようにピントが合っていませんが、遠視の方で遠方の視力が良い方が多いのはなぜでしょうか

 

目の構造をもう少し詳しくお話ししますと、目は外からの情報を「角膜(黒目)」と「水晶体」という二つのレンズを通して「網膜」に写しています。

そのピントが網膜上に合えば正視、網膜より手前に合えば近視・奥に合えば遠視です。

 

この眼内にある「水晶体」というレンズは厚みを変えることができるレンズで、この厚みを変えることでピントの合い具合を調整することが出来ます。

遠くをぼんやりと見ている時にはその効果はありませんが、主に近くを見る時に水晶体の厚みを変える(厚くする)事で近くにピントを合わせています(虫眼鏡のような効果ですね)

その際、ピントを遠くに持っていく(近視を軽くする)ことは出来ず、ピントを近くに合わせる(遠視の人がピントを手前に持ってくる)ことができるという特徴があります。

それを調節といいます。

 

 目の断面図

 

つまり近視の方がこの調節機能を使っても遠くのものを見る時にピントを合わせることはできません。

しかし遠視の方はこの調節をすることによって、網膜より奥にあっているピントを網膜上に合わせることができてしまうのです。

しかしそれは本来の正視とは違い水晶体の厚みを変える(ふくらます)ことで得られた見え方ですので、

ずっと力を使っている、ずっと目を緊張させて見ている状態となります。

それは遠くを見る時よりも近くを見る時に強く作用しますので、

近くをみる作業(読書やパソコンなど)を長く続けると疲れやすいなどの問題が生じます。

 

この調節という機能があるために軽度の遠視の方ですと、遠くの見え方には困らなかったり、

良好な視力が得られている方が多く、ご自身が遠視であることに気づかない方もいらっしゃいます。

(※遠視や乱視の度合いによって違います)

また遠視の程度によっては調節しても近くにピントが合わない為、近くのものが見づらくなります。

 

このようにご自身では気づかない事もありますので、

遠くの視力は良いのに近くを見ていると見づらい、疲れやすい、肩がこる・

などの症状があるかたは一度詳しい視力検査を受けてみてはいかがですか?

(※眼精疲労や老視などの可能性もありますのでまずは眼科等にてご相談ください)

  どこまで見えるかな?

 

 

もちろんメニコン吉祥寺には遠視を矯正できるコンタクトレンズも数多く取り揃えております。

メニコンのコンタクトレンズで遠くも近くも快適にご覧いただけるように、サポートさせて頂きますので、

遠視でお困りの方は是非、一度メニコン吉祥寺までご相談下さい。

 

 

 

 

 

タグ:最新情報 目について

ページトップへ

ホームへ