40代から始まる眼の老眼

1. どうして老眼になるの

眼の中には水晶体という、カメラのレンズに相当する組織があり、

遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切な働きをしています。

水晶体を吊り下げている網様体小帯という繊維がゆるみ、その結果、

水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。

しかし、年齢とともに水晶体は固くなり、毛様体帯がゆるんでも水晶体の

厚さを変えることができなくなってきます。

そして近くのものにピントを合わせることができなくのが、老眼です。



2.老眼はどんな症状から始まるの


近くの細かい字がよみづらい、また近くから遠くへ、

遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに

時間がかかるようになってきます。

たとえば、新聞や辞書などの細かい字を読む時、

以前よりも目から離さないと読みづらくなりますし、

少し暗くなると本などの字が読みづらくなります。

また、本を読んでいて、ふと目を上げると、窓の外の景色がぼんやり見え

じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような

症状が起きてきます。


              yjimage[1]    yjimageKPNX5HTQ


3.近視の人も老眼になるの

水晶体の老化はすべての人に同じように起こってきますので、

老子は近視のあるなしにかかわらず、同じように進行します。

近視の人でも、メガネをかけて遠くが良く見える状態では、同時に

40歳ごろから見づらくなり、老眼を自覚し始めます。

しかし、近視の人がメガネをかけてなかったり、またかけていても、

弱めのメガネしかかけてない場合には、もともと遠くのものではなく

近くのものにピントが合っている状態なので、近くを見るために水晶体の

厚さを変える必要がなく、老眼を自覚しにくい場合があります。


                毎日を楽しむ大人の瞳のヒミツは

             メニコン遠近両用レンズ



遠近両用コンタクトレンズ スペシャルサイト


一度お試しください。

40代から始まる眼の老眼

1. どうして老眼になるの

眼の中には水晶体という、カメラのレンズに相当する組織があり、

遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切な働きをしています。

水晶体を吊り下げている網様体小帯という繊維がゆるみ、その結果、

水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。

しかし、年齢とともに水晶体は固くなり、毛様体帯がゆるんでも水晶体の

厚さを変えることができなくなってきます。

そして近くのものにピントを合わせることができなくのが、老眼です。



2.老眼はどんな症状から始まるの


近くの細かい字がよみづらい、また近くから遠くへ、

遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに

時間がかかるようになってきます。

たとえば、新聞や辞書などの細かい字を読む時、

以前よりも目から離さないと読みづらくなりますし、

少し暗くなると本などの字が読みづらくなります。

また、本を読んでいて、ふと目を上げると、窓の外の景色がぼんやり見え

じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような

症状が起きてきます。


              yjimage[1]    yjimageKPNX5HTQ


3.近視の人も老眼になるの

水晶体の老化はすべての人に同じように起こってきますので、

老子は近視のあるなしにかかわらず、同じように進行します。

近視の人でも、メガネをかけて遠くが良く見える状態では、同時に

40歳ごろから見づらくなり、老眼を自覚し始めます。

しかし、近視の人がメガネをかけてなかったり、またかけていても、

弱めのメガネしかかけてない場合には、もともと遠くのものではなく

近くのものにピントが合っている状態なので、近くを見るために水晶体の

厚さを変える必要がなく、老眼を自覚しにくい場合があります。


                毎日を楽しむ大人の瞳のヒミツは

             メニコン遠近両用レンズ



遠近両用コンタクトレンズ スペシャルサイト


一度お試しください。

ページトップへ

ホームへ