コンタクトレンズのメニコンショップナビ ホーム コンタクトレンズをお使いの方へ 大切な瞳のためにご注意いただきたいこと

大切な瞳のためにご注意いただきたいこと

コンタクトレンズのリスクについて

皆さんはコンタクトレンズについて、どんなことを知っていますか?
実は高度管理医療機器だということを知っていましたか?
2005年4月の薬事法の改正によりコンタクトレンズは透析器、人工骨、人工呼吸器などと同様の高度管理医療機器として、副作用・機能障害を生じた場合の人体へのリスクが高いものと位置付けられました。 コンタクトレンズの間違った選択や使用は、眼の疾病を招く危険さえあります。
あなたの目の健康のために、正しい知識を身につけて、正しく使いましょう。

目のトラブルについて

間違った使い方が、目の病気の原因に!

角膜血管新生かくまくけっかんしんせい角膜血管新生
本来、無血管組織である角膜に血管が入り込んでいます。長期にわたる酸素欠乏が主な原因と考えられます。
角膜上皮剥離かくまくじょうひはくり角膜上皮剥離
酸素不足により、角膜の表面にキズができた例です。緑色の点状部分がキズです。
巨大乳頭結膜炎きょだいにゅうとうけつまくえん巨大乳頭結膜炎
レンズの汚れによるアレルギーで、上まぶたの裏側にブツブツができる症状です。
目のトラブル防止のために取り扱い方法を守り、正しく使いましょう。

人によって目のコンディションやライフスタイルも違います。自分に合ったコンタクトレンズを選んで、正しく使いましょう。 間違ったケアも目に悪い影響を与えます。日々、正しいケア方法でしっかりお手入れをしましょう。

目の健康管理のために

目の検査は、レンズのコンディションや
目の健康状態をチェックする大切な検査です。

目の検査では、視力や涙液の量をはじめ、目の健康状態を細かくチェックします。さらにレンズの状態や汚れ具合を見て、人それぞれに最適なケア方法のアドバイスもしてくれます。

ハードレンズの傷
ハードレンズの傷
ソフトレンズの汚れ
ソフトレンズの汚れ
ソフトレンズの欠損
ソフトレンズの欠損
特に異常を感じなくても、目の検査を受けましょう。

特にトラブルを感じなくても、視力が変化していたり、目の病気などが発見されるケースもあるので、目の検査は必ず受けましょう。